Office 365のOneDrive for Businessをネットワークドライブに割り当てても切れる

Office 365のOneDrive for Businessは、通常20,000アイテム(フォルダーとファイルの合計数)という上限値があります。
マイクロソフトが提供しているPCクライアントの同期アプリケーションを使用すると、クラウド側のOneDrive for Businessに保存されているデータがPCと同期することができます。
Office 365のプランによっては無制限の容量がありますが、アイテム数の制限により自由に使用できるわけではありません。
そこで、直接PCの「ネットワークドライブの割り当て」を行うと、5,000万アイテムまで制限値が拡張されます。
これまではPCをシャットダウンしても1週間程度ネットワークが切れなかったのですが、 
8月12日のマイクロソフトアップデート(MS15-089:WebDAV の脆弱性により、情報漏えいが起こる_3076949)を適用してからは、PCのシャットダウンごとに切れてしまします。
Office 365の管理者ダッシュボードの次の画面で「エクスプローラから開く」を行ってから、割り当てされたネットワークドライブを開かないと回復しない。

なお、Excel 2013などから直接ファイルを開くことはできるので、通常は問題ない。
ただし、PDFファイルなどはネットワークドライブを開かないと開くことができない。

追記
2015年8月18日から8月23日までPC起動時にはネットワークドライブは接続が維持された(開くことができた)。
8月22日にWindows 10にアップグレードしたが、ネットワークドライブの割り当ては維持されていた。
しかし、8月23日夕方に再起動を行ったら、ネットワークの割り当てが切断されてしまった。

再度8月24日8時49分にOffice365のダッシュボードから[OneDrive]-[ライブラリ]-[エクスプローラで開く]を行い、ネットワークドライブを接続した(IE11)。
なお、Microsoft Edgeでは[エクスプローラで開く]使用できない。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中