StrConv関数-文字列を変換する

文字列の「ひらがな」を「カタカナ」に変換したり、半角を全角にしたりするのに便利な関数です。

A000209

すべて半角のカタカナや半角全角交じりのカタカナを全角カタカナに変換するには、次のようにクエリで行います。

A000208

A000210

次に上記「Q_顧客マスター」のフリガナをひらがなに変換するクエリは次のようになりますが…

A000211

次のように半角カタカナはそのままに表示されてしまいます。

A000212

そこで次のように「StrConv関数」を重複して使用します。

A0002131

次のようにすべてひらがなに変換されます。

A000214

StrConv関数は複合的に組み合わせても使えますので、文字列データの統一を図るときに重宝します。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中